チャンピックスの効果や飲み方は

チャンピックスの効果

禁煙に失敗してしまう原因は、ニコチン依存症に陥っているからだと考えられます。

チャンピックスは、ニコチンの代わりにバレニクリンという物質がニコチン受容体に結合します。そのメカニズムで禁煙を促進できるのです。

ニコチン依存症になると、ニコチンが足りない時にイライラしたり絶望感を感じたりします。また、集中力の低下や情緒不安定なども見られます。

チャンピックスを服用しながらでも最初のうちは完全にタバコを断てないという人も少なくありません。

しかし、チャンピックスを服用していると、タバコを吸っても、これまでのようにタバコから得られる満足感が得られなくなるのです。

喫煙によりこれまでのような感覚を得ることができないため、徐々にタバコから離れていきます。

自然に喫煙本数を減らせるため、無理なく禁煙ができるのです。

チャンピックスの飲み方

チャンピックスを使った禁煙治療プログラムは、最初の1日目から3日目までは0.5mgを1日1錠服用します。

4日目から7日目までは0.5mgを1日2錠服用するのです。2錠服用する時は、朝と夕方に分けて服用します。

8日目以降は1mg錠を朝と夕方の2回、1回1錠を服用します。

1週目では喫煙の欲求があった人でも、2週目にはタバコを吸いたいとは思わなくなることが多いです。

チャンピックスを用いたプログラムのスケジュールは、12週間です。長く続けた人のほうが禁煙率は高くなります。

なお、この期間中には5回の診察が行われます。しかし、中には1回や2回の受診でやめてしまうという人もおり、受診回数の平均は3.4回という調査結果も出ているのです。

通院の回数が多い人は、禁煙の成功率も高い傾向にあります。

チャンピックスの飲み方や行動について、医師からアドバイスを受けられるからです。